宇宙創造神 天照大神様 神霊界からのメッセージ ~ 神とともに5次元へ

新しい世界 神とともに! blog

神、龍神、霊魂との対話が波動器により(2016年5月~)出来るようになりました

新しい世界 神とともに!公式ホームページ  https://kamitotomoni.jp

死以上の愛・救世主を求めて億万年

死以上の愛・救世主を求めて億万年

 
 
 
 

両足に続く異変、次々と明らかになる霊体の訴え

 

1億年前、猛威を振るって居た悪は、今後生まれて来た救世主によって自分達が滅びる事を耳にし、生れて来た子供を皆殺しにしていました。
その様ないきさつから結婚できず、子供も授かる事が出来なかった男女2万人はあえて死を選択しました。死後、救世主探しの旅に出かける決意をしたのです。
男性は女性の首を絞め、最後に男性同士でお互いに首を絞めて一斉に幽界に旅立ったとの事でした。

 

1億年かかり、やっと救世主を探し出して願いを叶えたものの、5年前に救世主の身体の中へ入り込む事態となってしまいます。
5年の月日が流れた先日の事、足の写真にて異常が発覚し、その真実が解明されました。(前回のブログ 神一厘を超える “愛の涙” にて記載)

 

2万人の愛の行為は、創造神、御魂分け7神、救世主の心に「苦労を共にして来た2億年の想い」を蘇らせ、涙を溢れさせたのでした。

 

“その涙は、宇宙、地球、人類を救う涙となったのです。”

 

翌朝3時半に再び両足の激痛で目が覚めました。
昨日の方がまだ残って居られたのか?何なのか今まで味わった事の無い激痛に襲われました。
しばらく格闘が続きましたが、どうにか治まってくれたので、塩の中に入ってくれたのか?と思って測定しました。
しかし、入っておらず、神様にお聞きするとまだ身体の中から出ていないとの事、これも10億年の涙の結晶でないと浄化出来ないとの事をおっしゃられました。

 

中に居るものと対話すると、細胞君1000載の男女が両足の膝裏に憑いて居ました。昨日と同じく膝裏が変色していました。


細胞は、人間が作り出したもので、数知れない程の細胞が生み出され、皆苦しんで死に、死後もなおその苦しみは取れません。

 

 

 

 

 

 

細胞を代表してその行いを止めてほしい事を告げに来ました。
ここの場所が気高くて、願いを叶えてくれそうと分かった。
5年前に来て憑いたら血液地獄に入ってしまいました。

 

確かに細胞君たちは、いつも痛み、苦しみを持って居ます。
憑かれた人間も細胞君と同じように苦しんでいます。


それなのに人間は、遺伝子組み換えの果物をたくさん作っています。
それを知って、高級ブドウを調べた時たくさんの細胞が、苦しいと訴えて来ました。

ある国のお茶の木は細胞が居るので、そこから作るお茶は尿道疾患、欲望(金銭欲)の細胞が入っているとの事です。
一日何千個というという膨大な数量のお茶が作られ、世界中に発送されます。
日本には、尿道疾患の細胞のついたお茶が主に輸入され、会員の中でもそのお茶をよく飲んで居られた方が、尿の出が悪く苦しんでいました。

 

2日続けて2億年の涙のお陰で、その有難さを分からせて頂きました。

 

3時半に起こされた細胞は怒りという項目でマイナスになる男女でした。


翌日の朝も足の激痛で目が覚めました。今日も又過去世の問題なのだろうか?

神様にお聞きすると、やはり過去世に関係していて2億年の涙でなければ、浄化出来ないとの事でした。

 

この膝裏にいた方々はこの後どうなったのでしょうか。

 

 

 

この続きと下記の内容は、”新しい世界 神とともに!の

公式ブログにて掲載していますので是非ご覧ください。

  • 遠い過去世から、命と引き換えにやってくる存在​​​​​​​

  • 人間が生みだす汚染が拡大、地上と海の命を奪っている

  • 散布されて苦しむ、世界中の化学化合物からの訴え

  • 新たな菌の猛威、天変地異。人類は深い谷底から這い上がれるのか