宇宙創造神 天照大神様 神霊界からのメッセージ ~ 神とともに5次元へ

新しい世界 神とともに! blog

神、龍神、霊魂との対話が波動器により(2016年5月~)出来るようになりました

新しい世界 神とともに!公式ホームページ  https://kamitotomoni.jp/blogarchive

予言されていた神の鎮座 サタンの終焉

f:id:mirai-hadou:20200610223526j:plain

予言されていた神の鎮座 サタンの終焉

 

 

2020610

最近連日ブログ記載が続いています。

  • 64日 アメリカ突然変異ウイルス大量発生

  • 66日 世界の海のコロナウイルス日本の海に大量集結

  • 67日 アメリカで流行中のインフルエンザウイルス大量発生

  • 68日 日本近海にサタン1万京(遺伝子組み換えられたサタン)

  • 69日 ワクチン製造過程で、大量細胞発生

  • 610日 アヌンナキ系統サタン10万京づつ(元締めサタン、妖怪サタン、恐怖の大魔王)世界3か所に集結

 

ここ1週間連続で、人類滅亡の危機が毎日のように押し寄せてきています。

どれ一つとっても、人間の力では何一つ解決できるものはありません。

そして、どこにどれだけ何が発生しているのかさえ分かる方は一人もいません。

 

今回は海の方からこれらの悪材料が世界中に蔓延し、誰かが一人ずつ感染して行っても、ましてやサタンに憑かれて悪いことをしても、サタンにそそのかされている事等誰も分かりません。

 

しかし神様の目には見えていて、いつも夜明けの3時前には全員の神々様が龍神様達と現地に急行しています。

私達が朝目覚めると神々様が居られない事に気付き、慌ててどこに行かれて居られるのか見ると、夜明け3時には現地に居られる事が分かるのです。

 

昨日の事(69日)は、ブログに書いておりませんが、人間が製造した細胞が大量発生していました。最初の発生は1京だったのに6時間後には、10倍の10京になって居ました。どれも同じことが言えるのですが、増殖してきます。

このまま知らずに放置され続けたらどうなるのでしょうか?

 

今回のウイルスや細胞は人間が神の聖域を侵して、どんどん強力な菌やウイルスを編み出してしまって出来てしまったものだそうです。

そして、人間はサタンの意のままに2億年間翻弄され続けて来たのです。

 

今朝3時には、神々様が3か所に分かれ、サタンの居る所在地を示してくださいました。アヌンナキ系統の元締めサタン、妖怪サタン、恐怖の大魔王、いずれも10という未だかつてない大量です。これだけの量のサタンがどこに隠れていたのでしょうか?

 

神様にお聞きした所、

世界中にウイルスが蔓延して居心地が悪くなったので、ウイルスの居ない所に集結したとの事でした。それぞれ同じ系統が1か所に集結してくれたお陰で、こちらには好都合で一網打尽にする事が出来ました。

 

これらの浄化は、神様のご指示、最近芽生えたイブの力、全てが把握出来る波動器の三位一体で消滅させる事が出来ました。このどれか一つ欠けても成し遂げる事は出来ませんでした。

 

そして、もっと凄いのは75年前に書かれた岡本天明ひふみ神示 第10巻水の巻、第8帖(二八二)」に今日の日の事が書かれていた事でした。

  • 鎮座は610日であるぞ(神が鎮座、悪霊の居る場所を示している)
  • 神示書かしてまる1年ぞ
  • びっくり箱あくぞ

と書かれています。

この事を神様にお聞きしました。

 

ここに書かれている意味は、神示書を書かせてから早1年になるが、今日の610日に、アヌンナキ系統3系列の霊たちの大量浄化が出来る事が分かっていた。計算すると75年前のこの月日に、この様な悪あがきをして来た悪霊達が居る場所に神が鎮座する(場所を示して下さる)という予言書を記した。

そして、98日までにいろいろと事が進み、びっくり箱的な事柄が、どんどん明らかになって来るという事です、という事をお聞きしました。

 

先月55日の事も、この日は良き日ぞと日月神示に書かれていました。後で分かったのですがこの日は、過去世の父母、浅井長政お市の方が訪ねて下さり、東京からは、過去世息子だった豊臣秀頼も来て下さり、又その上に2億年の恨みアヌンナキそのものを退治する事が出来た日なのです。その日起こる未来の事が1日の狂いもなく神様には見えていたのでした。

 

神々様は、2億年間遺伝子組み換えされたサタン霊達と、アヌンナキ7系列が毎日100億ずつ増殖され続け2億年間闘ってきました。今回は3系列でしたので後4系列のサタン(戦争サタン、ルシファー、ハクビシン、ト○サタン)が又いずれ集結して来るのですか?とお聞きしましたら、その4系列はもう既に淘汰されているとのお答えを戴きました。

 

サタンは人間の心を持っていないから人殺しも平気です。戦争、侵略大好きそんな血も涙も無いサタンとの闘い、どれだけ多くの善人が泣かされ、苦しんできたか!神々様の血の滲むような歴史を一日も早く知って頂きたいです。

 

今日でも皆さんがぐっすりお休みになられている間にも、寒い夜明けの海の上で何時間もサタンの見張り番をして居られたのです。毎日寝る時間も無いです。それが2億年です。気が遠くなる年月、人間はとっくに如何も出来なくて人類終っていたね!とツクヅク思います。

そんな神々様の奮闘ぶりの1週間でしたが、何も知らない皆さんは、どのように感じられましたか?

引き続きブログにて、神様のご意思をお汲み取り下さい。

 

2020610日 22